タンク管理グループでは、石油精製プラントおよび油槽所等の石油貯蔵タンクの新設、または各種メンテナンス工事を行っています。現場施工に至るまでの計画・設計・報告書の作成、また関係官庁への各種申請業務も行っています。
現場施工に関しては、多岐にわたる各現場作業の統括管理を主としております。これからも、タンク工事のトータルプランナーとしてより一層努力して参ります。

また、タンク管理グループ独自で現場のパトロールを毎日行い、安全面・技術面での指導も行っています。


※安全を第一に、配管・タンクの計画、設計、調達、施工(工程、品質、安全)の管理・監督業務を主として全員一丸となって取り組んでいます。


管理チーム 担当業務内容


1)タンク類の製作及び据付・補修工事
2)配管設計・施工
3)製油所、その他各種製造所内プラントの建設及び保全工事


※FRT→タンク改造工事(IFRT)
※アスファルトタンク新設工事(CRT 1500t) ※FRT屋根全面更新工事
※油圧ジャッキにてタンクジャッキアップ→基礎修正→底板全面取替 ※12B 白物油受入配管300m
敷設工事
※消火配管改造工事
※陸上出荷場増設工事 ※消火貯水槽移設工事

配管・タンク工事の基本フロー


計画

仕様書

施工

各種検査

我々、タンク管理グループが年間計画で遂行しております、「特定屋外タンクの開放点検工事」の流れをご紹介します。



項目

タンク管理グループの業務

仮設工事

お客様仕様書に準じた仮設工事がなされているかを確認・指導します。

残油移送

お客様と残油移送状況の情報交換を密にし、仮設機材の稼動状況を確認します。

タンク開放

マンホール、ノズル等の開放ならびに入槽作業着手の許可をお客様とともに確認します。

内部清掃

次工程(検査前処理)の作業実施が可能か否かの清掃状況を確認します。

検査前処理工事

主にサンドブラストによる溶接線、母材の塗膜剥離状況を確認します。

検査工事(目視・非破壊検査)

消防法ならびに客先仕様書に基づいた目視および非破壊検査を行います。

報告書・施工要領書作成

各種検査結果に基づいて、検査報告書および施工要領書を作成します。

補修工事

施工マイルストーンを策定し、随時現場を確認します。

補修後の検査

「施工要領書(検査項目)」に基づき補修を行った箇所に目視および非破壊検査を行います。

工事監理記録作成
補修工事終了後、工事概要・溶接施工管理記録を作成します。
完成前検査
担当消防局および危険物保安技術協会の立会いの下、保安検査の助勢をします。
水張り・満水検査・水抜き
水質、レベル、仮設(ポンプや仮設配管接合部)等の情報収集にあたり、安全な水張り・水抜き工事を管理します。
水抜き後の内部清掃
清掃状況を確認します。
水抜き後の各種検査
「施工要領書(検査項目)」に基づき各種検査を行います。
水張り記録及び関係記録作成
水張り・水抜きの管理記録、非破壊検査ならびに底板形状測定等の記録を作成します。
塗装・止水工事
下地処理状況、塗装仕様、膜厚等の確認を行います。
復旧工事
仕切り板の取外しやマンホール、ノズル、配管等のボルト接合部、また復旧作業にともなう塗装の状況を確認します。
完成検査 担当消防局による、完成検査の助勢を行います。


〒870-0112 大分県大分市大字一の洲1番地の1 JXエネルギー椛蝠ェ製油所内
TEL097-523-4718  FAX097-527-4128